• 混雑
    コロナ禍の自粛が明けて、「暮れ」の混雑が戻ってきました。ビジネスミーティングもリモートが定着したのかと思えば、やはり「リアルの会議」と回帰の傾向。海外とのやり取りには欠かせないものになりましたが、永年の習性はそうそう簡単には変わらないようです。今年から復活した忘年会に顔だけ出して戻りの途中、駅も混雑。かつての喧騒とは言わないまでもタクシー待ちの人の列。需要が回復すれば乗務員ん不足とか、なかなか上手...
  • 噴煙
    仕事納の日は冬晴れ。終日穏やかな日差しも、官公庁は仕事納めでも小売りやサービスはこれから忙しくなるところもあります。つきあいのあるシステム会社は年末年始の休みを利用してシステムの入れ替えがあり、「大みそかと三が日が正念場」とのこと。ウクライナ侵攻に加えガザ地区の混乱、パー券などを巡る政界の混乱をよそに、天候の方は暖冬のなか穏やかな年の瀬・新年になるとのことですが、政界で言えばこのダッチロールの中で...
  • 負荷
    欅の並木道。恒例のイルミネーションも樹木への負荷を考えて、電飾を木に巻くのではなく街路灯に装着して三角の電飾だそうです。であれば、欅の並木でなくてもよさそうなものですが、そこは永年電飾で親しまれた通り。何か心なしか、電飾の間の欅が寂しそうにも見えますが。電線を巻かれずに済んでホッとしているのか、葉を落として来年の芽吹きを待っています。...
  • 鉄オタ
    ふだん外部との打合せや取材などで使っている部屋がビルの10回で西と北が解放。見晴らしの良さが自慢です。そのうち北方面は、新幹線や在来のJRや私鉄も見ることが出来ます。新幹線は分岐して直進方法は間もなくトンネル、北西方面に進む列車は高架上で左折とリアル・プラレール状態、高架の下には在来線が見えます。鉄道マニアには垂涎の風景とか。鉄道マニアも「乗り鉄」「撮り鉄」「呑み鉄」まで様々だそうですが、さして興味...
  • 寒波
    暖冬の中の寒波、かえって寒さがが、世界から押し寄せる迷惑メールの中にイリノイ州の知人から近況を知らせるメールが。クリスマスの賑わいが見てとれ少々ほっこりしました。アメリカ人にイリノイの印象を聞くと「あそこは寒い」。こちらでも先日少々雪が。赤い南天と緑の葉の上に雪。これも言ってみればクリスマス・カラー。とても寒い米国イリノイ州にこちらからの寒そうな写真を送ります。こちらの赤い南天は「難を転じる」と、...
  • 冬至
    今年も冬至の日です。曇天に風もなく、せっかくの再生可能電力の装置も機能停止かそれとも蓄電装置が役立つのか。こちらは無風で降雪もありませんが、北日本や日本海側は豪雪の様子です。温暖化、暖冬とはいえ自然の脅威に身もすくみます。年明けの国会開催までに何人か首を挙げる、検察は正義なのか脅威なのか。こちらにも身をすくめる方々の居られるようです。...
  • 冬キャベツ
    年中出回っているように見えるキャベツも、旬は2回「春」と「冬」。冬キャベツ別名「寒玉キャベツ」、柔らかな春キャベツと違い煮崩れしないような固い巻きが特徴です。巻きが固くなったものから順次収穫の様子。野菜の解析をする場合は、同一の品目でも季節で品質や特性が違ってきます。通年で回るキャベツやレタスはその最たるものになるます。時期ごとのモデリングが必要になるところが、自然の下で育つ農産品の難しいところ。...
  • 短日
    冬至まであと僅か。駅から抜ける近道も同じ時刻で夏の頃は太陽の下でも、この時期はとうに日も暮れて通りの住宅には電飾。2ヵ月前に派閥資金集めのパーティではありませんでしたが、あるイベントのレセプションに出席、そこでであいさつに立った首相と3人の大臣。その頃は組閣からさほど間がなく、それぞれ意欲を見せた挨拶をしていましたがそのうち2人は今回辞任。倅の悪さのどの比ではなく、首相もかつてない逆風にさらされてい...
  • 祭のあと
    師走の道すがら、突然風景に現れたキャラクター。地元の方に聞くと秋の祭礼に使用したもの、「来年は作り変えるのだが壊すのはもったいないし」とのことです。確かに業者に頼らずに創った力作ならもったい。この場合「著作権」などを問うのは野暮なことだとは思いますが。...
  • 冬桜
    晩秋から冬にかけて咲く「冬桜」があると聞きます。この花が「冬桜」がどうか分かりません 。遠目「桜」に見えるのと咲く時期が合うので勝手に冬桜と思っていますが、このエリアを紹介するMAPにも出ていないので違うものかもしれません。この時期近くを通る時には多少遠回りでも「花見」をすることにしています。近くに清水の汲める場所もあり珈琲を入れるとおいしいとは聞いていますが、そちらは試していません。...
  • 雲海
    移動の途中に思いがけなく「雲海」。晴天時には見渡すことも出来る市街地も河川も雲の底。遥か西海岸からは晴れやかな入団会見、犬の名に驚く報道もありますが。しかし国内は何とも先の見えないキックバック騒動、一向に収まる気配はありません。先日ご一緒したニュースキャスターが朝の番組のゲストコメンテーターでしたが、政治部マターは専門外かいつもの切れ味なし。そう言えば政治部記者から転じた評論家の方は、パー券を操作...
  • シュール
    シュール(超現実的)なのかリアル(実情)か。道端の柿の木、一見管理されているように見えますが12月半ばでも収穫せず。間もなく落果、朽ち果てる運命。これほど多いと野鳥も見向きもしません。>農業は経済活動、収穫して販売。または収穫・加工・販売、それらが収入に結びつかなければ放棄もやむを得ませんが。    しかし見渡す限りの一直線、手を付ける様子もないと言うことはどこでも違えたのか。それ...
  • イルミネーション
    冬至まであと10日となると日の入りもずいぶん早くなります。まだ17時前後でも十分な暗さ。しかし、楽しみもあり移動の途中で予期せぬ場所でイルミネーションを見かけることがあります。点灯式だキャンぺーンだとアピールすることもなく人知れず光を放っていました。美術館の正門前、滴が落ちるように見えるライティングに目を奪われました。手前の街頭と、「交番」の反射板も写り込んでいますがこれは別。今年もあと3週間、早いも...
  • 河合継之助
    何の巡りあわせか、暮れになってから雪の多い地域に出向く用件が増えました。まだ極寒期ではないのと、おりからの暖冬。雪に遮られることもなく順調に移動が出来ています。会津若松方面から見た越後山脈。越後長岡藩の奉行「河合継之助」が長岡城下を官軍に奪われ、列藩同盟の会津松平藩を頼り落ちる途中に、戦闘で負った傷がもとで落命。この方向から会津若松城下を目指したのかと山脈を見やります。長岡藩も当時の革命的な武器を...
  • 無風
    冬うらら。風もなくやわらかな冬の日差し、2日前の冷たい雨が嘘のようです。移動の途中に高架工事の天辺に風を見る「吹き流し」、冬の青空の下少しも動きません。まさに無風。引きかえ、内閣への逆風は凄まじく大番頭の「回答は差し控えた」ままの更迭劇。役職を離れれば「回答を差し控える」根拠も無くなり、更迭どころか刑事事件にもなりかねません。それでも岸田おろしの声が出ないのは後がま不在、どうする日本。...
  • 暖冬
    昨日は会津、翌日は米沢。雪国行脚が続きます、と言いたいところですが米沢は雨。樹木を雪から護る「雪囲い」も雨の中。地元の方に聞くと本格的な積雪は年明けからとのこと。雪ならぬ冷たい雨も暖冬の証でしょうか。何かと心配な異常気象ではあります。...
  • 墨絵
    雪国に出向いています。会津に米沢、ともにコンピューター産業集積の地でしたが産業の地盤沈下とともに新しい産業を求められてきました。会津若松市は都市OSで市民生活の向上を図るモデル事業を展開中です。郡山から会津盆地に向かう途中、雲海がとれた先に「墨絵」のように磐梯山が見えました。根雪にはまだとのこと。こちら側から見えるのが表磐梯、反対側が裏磐梯。そちら側には盛んにCMを流している猫魔とアルツ磐梯の両スキ...
  • 恒例
    師走のイルミネーション、恒例です。ここは工場なのですが、桜のライトアップや夏は提灯の飾りつけなど、正門前の道路に季節のアクセントがつきます。コンビニの店員やタクシーの運転手などサンタ姿も増えてきました。宗教対立からの戦禍のガザ地区もまた戦闘が始まりました。来年の大谷選手のユニフォームの色の予想が連日ニュースになる日本、これもどうかと思いつつ「大麻」「パー券」の話題よりはまだマシか?と夜空を見上げま...
  • 図書館
    大方はネットで調べられるようになったものの、検索が出来難い情報もあり図書館へ。調査事項を何件かをまとめて週末に図書館まで出向きました。たまたま小春日和、前庭には陽射しを求めて犬と人。こちらも愛犬家同士の情報収集か。人間の方のパーティ券騒動は広がるばかりの様相です。...
  • 師走
    今年も師走が来ました、北国は大雪のようです。こちらはそうそう雪の心配のないエリアですが、いま山茶花が盛りに咲き誇ります。関西万博の話題が入ってきますが、東京五輪以上に盛り上がらず・・・と言うと開催関係者に失礼でしょうか?札幌冬季オリンピックはさらに先送り、昭和の日々は帰らずか。人口減少と新興国の台頭、新たな目標や指標がこの国には必要になって来ました。以前お世話になった元NHKの解説委員の方が現職の...

プロフィール

アグリベンチャー社長室

http://emorga.blog98.fc2.com/
長らく以上のアドレスで投稿していましたが、今回訳あってリニューアル。
仕事(農業・DX・AIなど)、時の話題や人との交流など折にふれて社長とスタッフが投稿します。

カテゴリー