• 蓮池
    桜も桃も例年より半月近く早い開花でしたが、「梅雨」も前倒しの気配。東海以西は5月中の梅雨入りで先島諸島の近くには大型台風。蓮池では蓮の花も咲きだしました。梅雨の時期から梅雨明けに咲く花。昨年頻繁に行ったインドでは蓮の花が国花、当地ではヒンドゥーの神様が蓮の上に乗った絵をよく見かけました。この蓮池も寺院の参道にあります。日本の仏画にもよく蓮は描かれています、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」も蓮池から下界を見...
  • 名所旧跡
    ウクライナの反転攻勢が言われるなか、トルコは現職大統領が再選。西欧・ロシア双方に軸足を置きたがるのがどう出るか、国際政治も予断を許しません。北朝鮮も人工衛星発射とか、「よくそのような財源が」とは思うのですが、そこからすると「財源」を社会保障に含める含めないと議論している我が国の民主的な事項決定はこれはこれで正常なのでしょうが、激動する国際情勢のなかではもう少し強力なリーダーシップも必要かと思います...
  • バラのガレージ
    よく利用する駐車場の道路を挟んだ向かいのガレージ。この時期はバラに囲まれちょっと雰囲気が変わります。これで止まっている自動車が年代物の「ミニクーパー」辺りだと雰囲気は増すのですが、それは望みすぎか。来週は梅雨前線と台風の影響で雨模様とのこと。雨にバラもなかなかの風情です。おっと、来週は出張続きでした。...
  • 何屋さん?
    電車移動時に通りかかる駅への通路にある店舗。新しくきれいなお店ですが店頭に玩具と言うかアンテークと言うか。店舗に入ったことはありませんが「マニア垂涎」の品々的なものでしょうか?コーラの自販機らしきものは商品化でスプレイか。翻って当社も「IoT」「AI」「DX」と、メディア等から多様なタイトルはつけてて頂けますが、従来型の農業関係者からは、「何屋さん?」と言われることもしばしば。「システム?会計ソフ...
  • 新酒鑑評
    新酒の出来栄えを競う新酒鑑評会。一般にはあまり馴染みのないイベントですが、酒蔵の関係者には関心が高いとのこと。試飲によって金賞を決め、県別で金賞を取った銘柄の数を競ったりしています。市街を抜け果樹園の中を走る山形新幹線、これから山岳地帯に向かいます。今年は山形県の金賞が最も多かったとのこと。だから何・・・などと言わず、お祝いを申し上げましょう(だれに?)。お世話になっている大学の研究室でも日本酒の...
  • 青いバラ
    青いバラ、花言葉は「不可能」。そもそもバラの花には青色の遺伝子がなく青い花色のバラはを咲かせることは不可能とされていました。ここからは農業の世界ではかなり有名な話で、洋酒のサントリーが海外ベンチャーと組み遺伝子組み換えで青いバラを開発しました。遺伝子組み換え技術には拒絶反応も多いのですが、非食品である「花卉」ならばと容認したのか。なんでも、パンジーか何かの遺伝子をバラに移植したとか。開発当初は受粉...
  • 田植え
    5月下旬、連休辺りから始まった「田植え」もそろそろ追い込みの時期。一家総出で一日がかり、というスタイルは減り比較的規模の多い農家に水田も集約されてきました。いわゆる受委託。ですから栽培面積が増えた農家は次から次へと田植えをこなさなければならず、長期間の田植えとなります。すでに田植えを終えた水田、まだ水も張っていない場所もあり、作業の進捗が混在。空にドローンが飛び交い自動運転の農機が地上を走る姿は何...
  • じゃがいもの花
    バラが今が盛り、紫陽花は咲きださないまでも花の形が見えてきました。まさに初夏。初夏の花々も数多いのですが、ここは地味に「じゃがいもの花」品種にもよりますが、これから咲き競ってそれから葉が枯れだします。そうなれば根茎が充実して掘り頃。それまではあと1月半か2ヵ月、その意味夏を告げる花でもあります。...
  • 雨に電車
    電車で移動することになり、駅で待てば突然の雨。雨をついて2両編成の電車が到着。聞くところによると、この車両は「東急」の払い下げでかつては池上線などを走っていたとか。第2の人生を疾走中。チンチン電車が走る街で育ったのですが、小学生のころ廃線に。以前広島に行った折り路面電車が走っているとのことで楽しみにしていたら、イメージと違う近代的な車両だったのでちょっと拍子抜けしたことがありました。現在広島でサミッ...
  • 梨園
    時ならぬ猛暑も、多少救われるのは緑を渡る風。午前中梨園の園主と懇談、この近隣の梨畑も梨木を伐り転換する農家が増えているとのことです。転換の先はキュウリなどの野菜はまだしも、ソーラーパネルやそのままの放棄地。もともとこの辺の梨園は石交じりの萱しか生えないような原野を開墾したとのこと。当節の梨園事情をお聞きして車に戻ると、「梨園に衝撃」とのニュース報道。ここでいう「梨園」とは歌舞伎界。一般人とは異なる...
  • 5月の薔薇
    薔薇の花が目立つようになりました、気が付けば5月も半ば過ぎ。まさに5月の薔薇。玄関先に薔薇の棚を吊ってあるお宅もみかけます。来月から先始める紫陽花と並んで一般の住宅でも見かける花ですが、洋館造りに薔薇、和風建築に紫陽花と言ったところでしょうか。晴れて薔薇、雨の紫陽花。広島のサミットは雨になりそうですが、各国首脳原爆ドームで何を想うか。...
  • 新緑
    宮城から山形に抜ける辺り、まさに緑の回廊です。この先にダム湖、それを過ぎれば山形県。5月半ばで気温30℃越えの予想、先日の肌寒い日に緑の中の移動で真夏日には街中で過ごすことになります。2、3日のズレですが何とも間が悪い。...
  • しりませんでした
    連休明けの先週、溜まっていた用件を終えて国内移動。三つの県の県境が接近する辺り。国道から他国道のに乗り継ぐ際に近道を選び、とある集落に入りました。簡易郵便局を過ぎて間もなく国道に合流する辺りでサルの一群。向こうも「なんだ人かと」悠々と構えていたものの、やがて道路脇の草むらに消えます。写真はその後ろ姿。自動車のガラス越し少しボケてはいますが確かにサルのお尻。ここで思い出したのが、サルの尻は赤いと言う...
  • 余波
    関東地方の地震の影響か、私鉄の線路を点検中。点検する人見張る人、電車を止める訳にも行かずとりあえず「安全第一」。...
  • 雨の次は風。春風と言うにはやや強く木々を揺らします。受粉を終えたリンゴの木も揺れますが幸い今の時期は被害には及びません。早朝から関東地方で地震とのこと。能登半島で地震が有ったばかり。幸い甚大な被害はなかった模様。海外から「大丈夫でしたか」とのメール、ニュースは世界を瞬時に巡ります。...
  • 今年のGWの締めくくりは雨。雨上がり咲きかけの牡丹に水滴、八十八夜や立夏も過ぎていよいよ初夏。このところの寒さで早い季節の進みに少しはブレーキがかかるでしょうか?雨に洗われた新緑、週半ばは晴天とのこと。...
  • 原風景
    都市型農業、大都市の中にも農地が欲しいという要望があります。例えば大災害時の避難場所に利用するという発想。ビルの倒壊や交通マヒの時に公園や学校の校庭などでは間に合わない。普段は経済活動として農地としての維持、もちろん広大な面積は無理でも、環境保全や情操教育にもメリットがあり。農業地帯とは違う農業の維持に「知恵を貸せ」との要望。技術開発の打合せは渋谷や芝浦など、時たま霞ヶ関等々。もう一つのフィールド...
  • 山藤
    週刊朝日が休刊になるとのこと。この業界の休刊とは廃刊、すなわち撤退とのことだそうです。紙媒体がWebにとって代わられて久しくなります。発行部数の落ち込みは勿論、広告出稿の減少が休刊すなわち廃刊の決め手になったとここと。かつて、この雑誌書店で見ると最後のページの山藤章二氏の風刺画だけを見て、週刊誌は買わずに済ませたことを思い出します。朝日新聞社にはなにかとお世話になりましたが全く失礼な客です、客でもな...
  • 牡丹
    牡丹にも早生と晩生があるらしく、この黄色い牡丹は晩生のよう。しかし、晩生のボタンが5月の連休中に咲くとは。果樹農家の話では、果樹の進み具合はいつもより2週間早いとのことです。遥か以前に流行ったドラマで(見てはいませんが)「牡丹と薔薇」と言うのが有ったそうですが、系統も由来も全く違った植物でもバラと牡丹の花は似て見えることがあります。「5月のバラ」との表現もあり、例年より早い季節の進みに連休明けは早バ...
  • 無風
    「無風」選挙の話ではなく鯉のぼり。五月の空に元気よくとは行きません聞けば「ポールに負荷が増す強風時の使用は控えている」とのこと。それはそれで合理的か。そう言えばこの時期、霞が関の文部科学省にも鯉のぼりが泳いでいましたが今もそうでしょうか?行楽地など川を挟んだ場所で大量の鯉のぼりを掲げていましたが特所な場所でしか見れなくなるのか。家庭の空高く泳ぐ鯉のぼりは、一種の絶滅危惧種?...
  • メーデー
    連休最中の昼下がり、繁華街の公園近くに人出。もうすでに解散した後のようですが、赤いのぼりには「メーデー」の文字。そう言えば5月1日はメーデー、いわゆる「労働者の祭典」。経済団体が賃上げを先導する時代になりました。不戦の誓いは重要ながら、日本海側から頻繁にミサイルが飛んでくる時代に「憲法9条を守れ」とばかりも言っておられない状況。日本海側はさておいて、太平洋の向こうのMLBの日本人選手に一喜一憂の日本...
  • 山積
    パレットの上に山積みの農業資材、肥料に培養土。円高とウクライナ侵攻で驚くほど上がった価格にも関わらず、飛ぶように売れている盛況ぶり。農業資材の倉庫ではなくホームセンター店頭、農業資材の販売業者が見たら驚く羨ましがるか。横では野菜や花の苗売り、農薬は建物の中の資材コーナー。敷地の裏には家庭菜園用の貸農地まで。生産資材だけではなく体験も売る。やがてそこには栽培目的に合わせたパーソナル指導員も付くか?草...

プロフィール

アグリベンチャー社長室

http://emorga.blog98.fc2.com/
長らく以上のアドレスで投稿していましたが、今回訳あってリニューアル。
仕事(農業・DX・AIなど)、時の話題や人との交流など折にふれて社長とスタッフが投稿します。

カテゴリー