• 8分咲き
    満開の桜の桜も、郊外に出れば咲き初めのとこもあれば、3分咲の桜の下で週末の花見のために急いで提灯や灯篭を設置している場所もありました。いきなり早い開花のため右往左往も見受けられた桜の開花。「道の駅」の桜。正確には桜の古木の隣地に道の駅を再説したものと思われます。根元には何やら由来の立て札あり。ここの桜は八分咲か。桜は八分咲が一番綺麗と言う声もありますが、満開を土日に持ってくる辺りは、なかなか粋な古...
  • 二本松
    平年より半月も早く桜が満開。まだ梅が咲き出したころの安達太良山の写真です。なぜ、ひと月以上の前の写真を持ち出したかと言えば、この麓の街「二本松」を思い出したからです。世界のホンダを本田宗一郎とともに作った藤沢秀雄。本田は会社代表者印は副社長の藤沢に預けたままだったとのこと。会社経営上は藤沢の方がトップ。その藤沢氏、戦時中は二本松に疎開し製材所などを経営していたとも聞いたことがあります。突然「藤沢秀...
  • 季節の変わり目
    異様に早い今年の桜、「桜は4月」「入学に桜」は昔の話。温暖化の影響は凄まじく桃も開花の兆し。りんごの芽もずいぶん膨らんできました、以前なら4月中・下旬の状態。こうなると、やはり凍害のリスクは高まります。駐車場のフェンス越しに見える裏庭の家庭菜園。何を植えられるのか黒いビニールマルチが張ってありました。そこにこぼれる椿の花。まさに、早春から春爛漫へ。季節な変わり目が見て取れます。ここへきての雨、またこ...
  • 桜に雨
    桜に降りしきる雨。幸いまだ咲き初めで、花散らしの雨にはならないようです。気温も上がらずまさに花冷え。遠く甲子園でも雨で日程の中止。春場所は千秋楽、相変わらず「モンゴル強し」。国際協力事業で彼の国に滞在した友人の話「冬場ゲルから出ると気温マイナス30℃、遠くからオオカミの遠吠えが聞こえた」とのこと。幼少時からの鍛え方とハングリー精神が日本人とはが違うのか。国際的な経済指標を見ると、日本は最先進国とも言...
  • 祭旗
    移動中見かけた「祭旗」。夏祭りや秋祭りの頃に見かけますが、今の時期には珍しい。聞けば神社ではなくお寺の縁日。住職がいて葬儀などを行う寺社ではなく、弘法大師ゆかり地域て管理しているとのこと。土地の方が「そもそも・・・」といわれを話し出されたものの、お話しの方は話題を変えて辞退しました。高齢化が進んで寺社の維持はどこでも大変だとの話はよく聞きます。氏子いやここは寺なので檀家か、このような場合も檀家と言...
  • ハーレー
    マイアミに釘付けだった視線も、侍ジャパンの帰国で国内へ。気が付けば桜の季節に、しかし彼岸の頃に桜とは。コロナ禍以前には4月上旬が各種「桜まつり」のイベント日程。今やその時期では葉桜の時期です。冬季間はガレージで過ごした「ハーレー」も出番。話題をマイアミに戻せば、日本野球の持ち味、小技を駆使したスモールベースボールではなく、堂々のパワー勝負でした。米国製ハーレーもパワーが魅力なのですが。...
  • 雪うさぎ
    青空に、くっきりと浮かぶ白い残雪。雪が少なかったのか気温の上昇が早かったのか、おそらくは両方の条件で例年より今の時期として少ない残雪。中央に見える「ウサギ」型の残雪は通称「ゆきうさぎ」。何年前かの春、訪れた米国人に見てもらったところ「rabbit」は認識できず。おそらく動物の姿の認識が違うのでしょう。逆に日本人はタンポポからライオンの発送はなかなか出てきません。そのまた何年か前にスコットランドを旅行中に...
  • 工期
    随分と早く来て、「桜満開」のたよりも聞かれますが、年度末までの工期に向けて突貫工事中の現場も見受けられます。春分の日も休まず工事。侍JAPANの逆転劇はお昼の休憩で知った由、決勝戦は「休業」の会社もあると言うことですが。さまざまな事情、多くの仕事があって年度末。それぞれの場所から「がんばれ日本」。InstagramEvernote書式スタイルのクリアUndoRedo全画面表示さmazamaan見たまま編集HTML編集...
  • 街頭スクリーン
    何年か前、銀座の待ち合わせ時間には少し早く、どう時間を過ごそうかと考えていた有楽町の駅前で街頭スクリーンにはMLBの中継。NHKBSと思われる放送で赤いユニフォームのエンゼルス大谷。当時アメリカに渡って間もないころ。その後肘の手術などで二刀流離脱などありましたが、それが癒えると大活躍。WBCでも存在感を示しています。今も有楽町の駅を降りるとよく思い出すのがスクリーンに映る大谷投手。これから準決勝で...
  • RRR
    インド映画の超大作と言うことで、以前から話題の「RRR」。気にはなっていのですが、「アカデミー賞歌曲賞」受賞と言うことで、この週末にようやく上映館に出向きました。同じことを考えている人も多いらしく、上映回数も少ないこともあって結構客席も埋まっていました。時代は約100年前のデリー辺り。イギリス統治下のストーリー。昨年何度か訪れたデリーですが、映画のデリーは民衆は多いものの街の周囲は深い森。当然車であ...
  • 梅に雪
    今年の桜は早いと言われ、彼岸も過ぎれば「桜か」と思っていたら、「梅に鶯」ならぬ散る梅花に降りつのる雪。遥か以前の話しながら3月後半の今の時期、学生時代の引っ越しの日にみうぞれ交じりの雪が降り、手伝いの友人たちと「名残りの雪か」と春降る雪の風情を楽しみました。ろくに荷物も無い身、気楽なものでした。週明けからは春の陽気とのこと、まさに「三寒四温」。WBCの侍NIPPONは晴れて常夏のマイアミに旅立ちました、...
  • 東京ベイ
    阿賀野川を下れば新潟市でで太平洋に注ぎます。近くには信濃川の河口も、川のほとりのホテルに宿泊。間をおかないで東京に行けば、こちらはは東京湾近くが目的地。台場近くからの河口の先が東京湾、こちらは春の凪。...
  • 阿賀野川
    信濃川とともに新潟平野を潤す阿賀野川の上流。この辺でも春の気配。この後雪融け水を集めながら、急峻な越後山脈を越えてゆきます何年か前の冬の終わりころに会議で熱海に行く機会があり、温暖な気候で河津桜が一足早く咲いていました。その時に歩いた辺りで小型の三輪自動車が事故で死亡者も出たとのこと。テュクテュクと呼ばれる東南アジアなどで使われている車両、本当にエンジン音が「テュクテュク」と聞こえます。観光地熱海...
  • 磐梯山
    高層ビルを見上げる日々から、一転見上げるのは雪山。ニュースによると前日に、この山で登山の母娘が遭難して、天候の回復を待って防災ヘリで下山とのこと。麓の野は春でも山はまだ冬、雪山の装備が必要です。あと2月も過ぎると麓の水田では水が張られ田植えの頃には、まるで水の中に浮かぶ山のように見えるのですが。水田と言えば、肥料の原料高も深刻のようです。昨秋改善を見せた米価もここに来て値を下げている報道もあり、米...
  • リモート慣れ
    脱マスクも始まりました。リモート慣れしていた打ち合わせも今後はリアルに。渋谷区のビル、訪問先の31Fの会議スペースからは羽田に降りる飛行機が真近に通ります。同時テロで炎上して崩れたニューヨークの貿易センタービル、テロから20年以上経過しますがまだ健在だったころ、彼のビルの高層階の会議室から飛ぶセスナを見下ろして「さすがに高い」と驚いたことがありました。さすがに東京では、足元の下でセスナが飛ぶ風景は見...
  • 恵比寿
    東急本店もなくなった変化のの著しい「渋谷」とは違い、駅から恵比寿ロードでガーデンプレイスに行く辺りはずいぶん以前から変わっていない隣の「恵比寿」界隈。そう言えば、ガーデンプレイス内の三越も閉店したとここと。ガーデンプレイスビルでの待ち合わせの時間調整で、以前ここの三越ででカキ氷を食べたことがありました、どこぞの自然水の氷とか。この日は時間通り恵比寿に着いたのでそのままエレベーターへ。恵比寿駅の到着...
  • 久しぶりに
    東京国際展示場通称「ビックサイト」。コロナ禍前は年間何度か出展していたこともありました。ある年の2月の出展の再、会期が終了し撤収して帰ろうとした「ゆりかもめ」が雪で立ち往生、安全性は考慮の上の運航でしょうが無人運転と言うのはやはり不気味でした。仕方がないので途中で降り「りんかい線」に乗り換えて戻ったこともありました。今回、久しぶりに出向いた東京ビックサイド。コロナ禍でイベントの縮小・中止も相次いだ...
  • 吉兆
    啓蟄から春分の間、ひと頃よりずいぶん日の入りも伸びましたが、暮れた東の空に赤い月。ビルや電柱の間から見える月は、少しに不気味な色に見えなくもありません。今日から日本でWBC第1ラウンド、日本-中国戦あすは1ラウンドのヤマ場のー韓国戦。今日から東京ビックサイトで展示会に出席。もちろん、たまたま日程の一致ですが。赤く見えた月は、今日からの「吉兆」と言うことにいたしましょう。...
  • 噴煙
    3.11を前にして土日とNHKでは、南海トラフ地震の特集でした。ドラマ仕立て、CGも駆使。地震などの自然災害に、3.11のように原子力災害が加わると混迷はさらに増幅します。原発は四国や静岡にもありますが。すっかり春の色になった青空に噴煙が上がっていました。地震と富士山の噴火は、連動したりしなかったりとのことです。海底のプレート移動と陸上の火山が関連など素人は知る由もありませんが、地震があるにしても穏やかに...
  • クレーン
    調査先で見かけた風景。弥生の空にクレーン、河川用のコンクリートブロックを配置している模様です。かつては土木作業と言えば農家の副業。農閑期に支給された作業服とヘルメット、弁当を持って迎えのマイクロバスを待つ風景は、もう農業経営モデルに組込まれていいほどの一般的な姿だったそうです。今はどうですかと聞くと、農業従事者そのものが高齢化が進みそのような実体はないと自治体の農政担当者が言っていましたが。建設現...
  • 稜線
    高速道路を移動中に見える連山、聞けば「安達太良山」とのこと。そういえば中腹の「くろがね小屋」にカメラを置いて72時間の様子を撮影した番組をこの前放送していました。「夏山の縦走は少し経験がありますが冬山はちょっと」と言うと、あと2ヶ月で山開きでその頃は雪も消えているとのこと。昨年行ったヒマラヤ中腹の調査事業で体力の低下は痛感しました、麓の温泉くらいにしておきますか。...
  • 梅林
    例年よりも多く飛ぶ花粉に難儀しながらも、やはり例年よりも春の訪れは早いのか、昨日も4月の陽気でした。シカゴと連絡を取っていると、あちらはまだまだ寒いと言うこと。スーパーボウルは終わったけどとアメリカ人らしい季節の区切り。もうすぐ相撲の春場所と伝えたものの、彼に相撲の季節感の知識はあったかなと思い直して梅の写真を添付しました。ばりばりの共和党員であったことは覚えていますが。...
  • 弥生
    弥生3月、このところ春の陽気。国会も順調に審議が進んでいる様子です、段取りがいいのか野党が弱いのか。防衛費増額の増税や原発再稼働など、論点は多いはずですが。先ごろ頻繁に日本海側に落ちたミサイルは、政府への追い風になったか期せずして。白鳥が飛び立った後の川は何とはなしに春の色、水の反射光が厳冬の頃とは違います。柳はまだ芽吹いてきませんが。3月は東京での展示会が目白押し。直接の出展はありませんが、いくつ...

プロフィール

アグリベンチャー社長室

http://emorga.blog98.fc2.com/
長らく以上のアドレスで投稿していましたが、今回訳あってリニューアル。
仕事(農業・DX・AIなど)、時の話題や人との交流など折にふれて社長とスタッフが投稿します。

カテゴリー