• Z世代
    1990年台の後半から2010年頃に生まれた世代がZ世代と言うそうです。いま13歳から27.8歳まで。まさにその世代の高校生の成果発表イベントに参加。面白いのは農・工の技術養成から普通高校の生徒も地域振興の見地で集まってること。様々な視点のポスターセッションで成果発表を見ることができました。発表の後は、私たち企業が設営したブースで説明を聞いて頂きました。こちらの取組にも興味津々の様子。スマホなどを介したSNSに...
  • 福寿草
    梅は咲くわ白鳥は帰るわでとんでもない暖冬です。福寿草も咲くきはじめました。それほどの日向でもなく、例年ひな祭りのころに見つける場所ですが、今年は雨水の日にはもう咲いています。先日果樹農家に「例年よりどこくらい季節が早いか」とい聞いたら、「半月くらい」と答えていました。まさに福寿草も半月早く、果樹農家さんのカンが裏付けられたよう。果樹農家は半月分の仕事を前倒しでこなさなくてはいけません、併せてデータ...
  • 廃園
    調査中によく見かけるのが山間部の水田などの耕作放棄地。ここは住宅地隣接の果樹園、果樹の切り倒し中「廃園」か。たまたま調べた基幹的農業従事者つまり主に農業に従事している人の平均年齢は68.7歳(農業センサスからの推定値)、いくら高齢化社会とはいえかなり高めです。ですから伐採中の子の果樹園も、植え替えよりも「廃園か」と思ってしまいます。食糧生産維持に向けて抜本的な見直しが必要です。...
  • 陽気
    2月半ばと思えないような暖かさ。「犬はよろこび庭駆けまわる」は、雪中のの描写ですがこの犬は暖かさに喜んでいる様子。元気に駆け出して行きました。確定申告も始まりましたが、例のキックバックと重なり納税者の不満は募るばかり。しかし、不満が政権交代の声に繋がってこない野党の信頼度も、これはこれで問題です。久しぶりにテレビで見た旧派閥領袖は驚くほど年老いて見えました、年齢を聞くとやむをえませんか。米国大統領...
  • 上弦
    まだ「雨水」前だと言うのに春の陽気です。寒さは覚悟して来たという関西からの来客は「この分だと春分のころは真夏日と違いまっか」と、関西弁の冗談を残して帰りました。客人を見送って見上げれば空には上弦の月。伊達政宗の兜の前飾りのよう、この「月」の表現は関西の方には分かり難いかも知れません。...

プロフィール

アグリベンチャー社長室

http://emorga.blog98.fc2.com/
長らく以上のアドレスで投稿していましたが、今回訳あってリニューアル。
仕事(農業・DX・AIなど)、時の話題や人との交流など折にふれて社長とスタッフが投稿します。

カテゴリー